札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

鍼治療? 針治療? どちらが正しいの?

" 鍼灸, ツボ "

2017年6月7日

 

初めて、はり治療を受ける方にとって、「はり」の漢字の違いや「はりきゅう」「しんきゅう」どちらが正しいのか疑問に思うこともあるかと思います。

 

今回はその違いについて、一部を紹介します。

「鍼」なのか「針」なのか、どっちなんだい!

 

現在、鍼灸院や鍼灸整骨院などありますが、「鍼灸」と表記して「しんきゅう」と読むことがおおいです。「はりきゅう」でも、もちろん間違いではありません。

 

では、なぜ「針」ではなく「鍼」の文字が多く使われているのでしょうか?

 

現在の日本での「はりきゅう」治療では、「鍼灸治療」という、こちらの漢字で統一されています。

 

「鍼」・日本では治療で使う「はり」の事を意味しています。

「針」・こちらの「はり」は縫い針や注射針をイメージしやすいかと思います。

 

また、中国では「針」。こちらに統一していますので、中医学をベースに「はりちりょう」をする先生は「○○針灸院」などの名称が多いような気もします。

 

日本で治療によく使う「鍼」は0.16ミリほどの細さです。中国の「針」は日本の鍼に比べ少し太い様です。

 

「針」という漢字は、イメージ的に太い縫い針や注射針をイメージしやすいかもしれません。ですが、この「針」を使っている鍼灸院が痛い治療をする事とは全く関係がありません。

 

日本人のイメージの捕らえ方の問題であり、一度も鍼治療を受けたことのない方は「鍼」でも「針」に変わりはなく「痛そうなもの」というイメージがあると思います。

 

実際には、ほとんど痛みは感じません!

カテゴリー: 鍼灸, ツボ. タグ: .
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年11月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り