札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

姿勢と身体の痛み

" 姿勢, 鍼灸, ツボ "

2017年11月10日

治療をしていると患者さんから質問を受けることがあります。鍼灸しからすれば当然の事も患者さんには新鮮だったりもします。

 

 

その中でも多いのが「姿勢」に関係することです。肩こりや腰痛、なんの治療をしていても「姿勢」というキーワードは出てきやすいです。

 

「この症状は姿勢が悪いからですか?」

 

この手の質問はかなり多いです。今はネット社会ですから姿勢に関する記事はたくさん出てきます。

 

我々、鍼灸師より患者さんの方が「姿勢」という言葉に敏感なのかもしれません。

 

では、肩こり、腰痛の原因が姿勢にあるとすれば、正しい姿勢をすれば治ることになります。確かに姿勢を正しくすれば治ることもあします。

 

普段、何気なく過ごしているときの姿勢が重要な場合もあります。

 

以前、治療した患者さんは「姿勢を良くする為に、胸を張ると腰が痛いの」という主訴でした。

 

おそらく本人は「姿勢を良くする→症状が緩和される」と思っていたそうです。

 

この部分がイコールでした。この場合は胸椎を調整して痛みは改善されていました。

 

姿勢を良くしようと頑張れば他の部分に負荷がかかり、違うところにも問題が発生してしまいます。

 

強引に姿勢を良くする事は姿勢が良いとはいえないと思います。良い姿勢というのは身体に無理な力が入っていない状態であるべきだからです。

 

姿勢を身体の動きの一部と考えると、どこかの動きが悪くなり、そこに硬さや違和感が発生すると人間は自然とかばうような動きや姿勢をとります。

 

そのような状態が一般的に「姿勢が悪い状態」と考えるとなんとなくつじつまが合ってきます。

 

どこかが最近痛い→無意識にかばう→姿勢が乱れる→最近、姿勢悪いな=姿勢を良くしたら治るかな?

 

この方程式がコリや痛み=姿勢というイメージを作ったのではないでしょうか。

 

 

痛み、コリ=姿勢というよりかは姿勢が悪くなる原因や動きの悪い箇所が存在していることだと思います。

 

次回は鍼灸と姿勢について書いていこうと思います。

 

(つづく…後編

カテゴリー: 姿勢, 鍼灸, ツボ.
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年11月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り