札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

練習に集中できない

" スポーツ, 整動鍼 "

2017年9月10日

練習に集中できない

最近はスポーツをしている方に鍼灸治療をする機会が増えてきました。

 

色んな方に鍼灸治療を受けてもらえ、そして体の変化を感じてもらい喜んでいただけると素直に嬉しいです。

 

スポーツをする方で多い悩みが「普段は大丈夫だが練習の中盤に痛みが出る」「練習でこの動きをすると痛みがでる」

 

このような症状が大変多く感じます。

 

痛みは悪者?

ここで問題なってくるのが痛みは悪いものなのか?

 

「この痛みさえなければ」「ここでもっと動ければ」

 

など、私自身、練習していると痛みなど我慢して練習を続ける事もありますし、痛みの為に練習を休むという事の方が不安が強く練習を休めません。

 

この痛みがなければ人よりも練習ができ、強くなれるのにと思うことが沢山あります。

 

試合が決まれば自分だけドラゴンボールの精神と時の部屋に行きたいと真剣に思います(笑)

 

精神と時の部屋はとは、時間の流れが外界とは違い、外界での1日が、この部屋の中では1年(365日)に相当する。短期間でパワーアップできる、修行に最適な環境。

 

とても魅力的な場所です(笑)

 

 

(画像はネットから借りました)

 

ですが、この痛みがなければ練習内容や負荷のかけ方、自分の体と向き合う事などあまり自分で考えず決められたメニューを淡々とこなすだけになると思います。

 

痛みがあるので人はこれ以上は無理できないかな?とか今日はこれぐらいにしておこうなど考えるきっかけになる事もあります。

 

脳の記憶

問題は痛みを我慢しながら何カ月も練習を繰り返した場合や、痛みの為に代償動作が体の癖になってしまう事です。

 

痛みがある動作を繰り返し行うと、痛みが脳に記憶されてしまいます。

 

痛めた場所は回復していても、特定の動作をすると脳がブレーキをかけてしまう事もあります。

 

そのブレーキはアスリートにとって邪魔になります。

 

これはアスリートだけの話ではありません。

 

ぎっくり腰をしてから特定の動作が苦手になったなどのご相談も多く受けます。

 

これも脳の記憶が関係しています。

 

脳をアップデート

このように脳が記憶してしまった場合、鍼治療をする事で「ここまで前屈できる」「さっきよりこの動作がしやすい!」などの脳の記憶をアップデートする必要があります。

 

動作を改善することは、とても脳に良い刺激になります。

 

鍼治療は色々な治療法がありますが、当院では動作を改善していくことで、脳をアップデートしていく「整動鍼」という治療法を採用しています。

 

この脳のアップデートは肩こりや腰痛にも効果抜群です。

まとめ

  • 痛みや動作に違和感があった場合は早めに対処し脳に悪い状態を記憶させない。
  • 動作の改善には鍼治療も良い。

鍼灸治療は実際に、どのような症状に効果があってどのような治療をするのか、よくわからないのが事実だと思います。

 

当院では症例を掲載して少しでも皆さんにわかりやす鍼灸治療を提供していきたいと思います。

カテゴリー: スポーツ, 整動鍼.
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年9月
    « 1月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り