札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

プロボクサー 腰痛治療

" プロボクサー, 慢性腰痛, スポーツ, 整動鍼 "

2017年12月19日

院長の若林です。

 

先日は畠山ボクシングジム所属の現役高校生プロボクサー 東選手に鍼治療を行いました。

 

(一番左が東選手です)

 

東選手の悩みは「腰痛」

 

一年前から腰痛に悩んでいるようでした。

 

「ボディ打ちの練習をするようになってから腰痛がひどくなりました」

 

と相談を受けました。

 

僕自身、プロボクサーでもあるので左ボディの時の負荷の掛かり方や疲労が溜まるところなど自分の身体を通して東選手の痛みの具合や実際に感じている違和感は理解できます。

 

もちろん東選手の腰痛を良くするのは一番に考えますが、質問をしていくなかで本当の問題は「腰痛がある為、負荷のかかる練習ができない」という不安なのかなとも感じました。

 

試合が決まれば練習内容はとてもハードになります。

 

そして、減量…

 

相手がすごい強そうに見えたり、自分がすごく弱く感じたり、一日の中でこのような気分の浮き沈みが毎分訪れます。

 

その時に身体に不調があり、練習が満足にできないと本当に不安になります。

 

この気持ちが痛いほどわかるため今回、治療を受けてもらいました。

 

僕自身、プロボクサーになり自分の身体を酷使すると、いろんな事が分かってきました。

 

まず、痛みの説明が難しい。

 

それまでは患者さんに「どんな痛みですか?」

 

と聞くことが多かったと思います。

 

ですがこの質問、実際に自分が痛くなって分かったのですが、とても人に伝えるのが難しいという事でした。

 

ですが、動作で判断すると、患者さん本人にも施術者側にも治療後の変化がわかりやすいです。

 

ここまで動かすと痛み出る、ここまでしかいかない、など患者さんと施術者が動きを共有できます。

 

実際に東選手も腰を反ると左臀部から太ももの方まで違和感がありました。

 

治療を進めていくと反応が強いのは本人が自覚している左の症状より右の股関節や臀部の緊張の方が強かったです。

 

この時も緊張が強い箇所には鍼治療はしません。

 

これも自分の経験ですが筋肉が張ってコリンコリンしている所に鍼をするとなんとも言えない違和感が残ります。

 

この違和感は自分がコリンコリンしている時に直接患部に鍼をしてもらい確かめました。

 

当然、東選手にも局所には鍼はせず、ふくらはぎや手首に鍼治療をしていきました。

 

どうして離れた所に鍼をするのかはこの動画が凄くわかりやすいです。この動画は僕がセミナーを受けている整動協会が作成したものです。

 

治療後の動作確認では反る動作での違和感はかなり軽減しているようです。

 

まだ完全ではないので定期的に身体の調子を見させてもらう事になりました。

 

同じジムなので治療後の変化を聞くと、「以前は枕を使って寝ると腰が痛くなり、寝れなかったのが寝れるようになった」と、身体に変化が出てきました。

 

まだ、10のうち6ぐらいの違和感は残っているようですが練習後の腰のハリ感は以前に比べ良いようです。

 

ボクサーなのに鍼灸治療の方が怖いと言っていましたが終わったら「全然、平気でした!」と爽やかに言ってくれました(笑)

 

確実に試合の方が怖いですよ…(笑)

 

そんな東選手の身体の調子をあげるお手伝いをさせていただきます。

 

東選手の今後の活躍にご期待下さい!!

 

出典:ボクシングモバイル

 

 

 

カテゴリー: プロボクサー, 慢性腰痛, スポーツ, 整動鍼.
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り