札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム

生理痛

生理痛とは

一言で生理痛と言っても、痛みの程度や痛む箇所、程度なども同じ女性でも症状は様々です。腰痛や腹部の痛み、肩コリ、頭痛など表に出てくる症状は様々です。

 

時期によって異なる不調と要因

生理痛と関係が深いのが「プロスタグランジン」という物質です。プロスタグランジンはホルモンににた物質で子宮を収縮させ、子宮の血流量を減少させ痛みに敏感にさせる作用があります。その他には睡眠などにも関係してきます。

生理前半の不調

プロスタグランジンの分泌が急激に増えます。この物質は先程、説明したように子宮の血流量を減少させます。子宮の血流量を減少させ、生理の経血を体外に排出させようとします。この物質の分泌治療が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みや、腰痛、冷えの症状がひどくなります。

 

冷えがひどくなりますので、胃腸のトラブルや吐き気や下痢の原因にもなります。

 起こりやすい不調としては、下腹部のキリキリとした痛み、めまい、吐き気、下痢などです。
生理後半の不調

生理後半の不調に関係しているのは、うっ血です。うっ血とは血液の流れが悪くなることです。骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰回りの重だるさを感じます。

 起こりやすい不調としては、下腹部の鈍痛、腰の重だるさ、下半身の冷え、ずつうなどです。
 
月経困難症

月経困難症とは生理痛に痛みが強く、日常生活に支障をきたし治療が必要な症状です。月経困難症には「器質性月経困難症」「機能性月経困難症」に分けられます。

 

「器質性月経困難症」

子宮や卵巣に腫瘍や問題があり、子宮筋腫、子宮腺筋腫、子宮内膜症などがあります。

 

「機能性月経困難症」

器質性の様な腫瘍や問題がなく、生理痛の痛みがひどい場合にこのような診断名になります。ホルモンの分泌や冷えが原因となる場合が多いです。

 

当院での鍼灸治療

当院では鍼灸を用いて「動きの改善」「流れの改善」に重点を置き治療していきます。

 動きの改善とはホルモンの分泌の影響を受ける子宮は骨盤の中にあります。その為、骨盤の動きを整える事で骨盤の異常な緊張を取り、内臓機能の改善を目的とします。
 流れの改善とは:子宮や卵巣に問題がある時は冷えや血流の流れが悪くなっている事が考えられます。特徴的なのは腹部の緊張です。腹部の緊張を取ることで骨盤内蔵機への血液の循環を良くしていきます。
 
当院では出ている症状だけに注目するのではなく、身体全体のバランスを考え治療していきます。辛い箇所だけの局所的な治療ではなく、原因を追究し根本的な部分から治療しようという考えです。
 
また、鍼灸治療が初めてでイメージがつかめない方はこちらも参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休日
  • 診療案内
    診療案内
  • ご来院地域

    【札幌市】

    手稲区 星置 稲穂 金山 西区 東区 清田区 白石区 豊平区  小樽市 張碓町 銭函

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • カラーズ colors
    カイロプラクティックcolors