札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

腰痛とマッサージ

" 腰痛とマッサージ "

2018年3月4日

こんにちは院長の若林です。

 

今回は腰痛とマッサージについてお話していこうと思います。

あ、腰が痛い・・・

皆さん、腰に痛みを感じたことがあると思います。

 

そんな時に一番最初にすることがシップを貼ってみる。

 

その次にマッサージをしてみる。

 

これで良くならなければ病院や整形を受診してみるケースが多いと思います。鍼灸治療は一番最後に考えるか、そもそも選択肢に入らない場合も・・・

その時だけ楽になれば

腰痛にマッサージが効果ない事はありません。

 

腰の筋肉が過剰に硬くなったり疲労しているときはマッサージも効果的です。

 

ですが腰に原因がなく他の所の動きが悪い為、腰痛が起きている場合はマッサージは一時的な効果しかないでしょう。

 

その時のスッキリ感や満足度を重視する方はマッサージの方が合っているかもしれません。

マッサージしても次の日には戻っている場合

この様な症状を訴える方はよくいます。

 

この場合、腰に問題がない事がほとんどです。

 

腰に問題はないのですが、他の身体の部分に問題がある為に腰に負担がかかっている状態です。

結果的に腰痛が起きている

 

当院は腰痛の症例が他の症状の症例より多いですが、「腰痛」と一言でまとめても色々な腰痛があります。

 

ヘルニアの方、朝起きるときだけ腰に痛みがある、10分も歩いていると腰が痛くなり休まないといけない、など色々なケースがあります。

 

病院に行って診断をすると原因がわかる腰痛もあれば原因不明な腰痛も存在します。

 

やはり腰痛だからといって腰ばかり見ていればなかなか改善しないでしょう。

 

マッサージでの一時的な効果はこの辺りにあると思います。

 

例を紹介すると、朝起きるときに腰が痛い方がいました。この方は寝返りをあまりしない方で仰向けのまま寝ています。人間も動物ですので寝ているときでもある程度身体を動かし、目が覚めたときにすぐ動けるような状態を作っているのが自然な働きです。

 

ですが、寝返りが出来ないのは寝返りが出来ない身体の状態になっている。と、考えるとつじつまが合ってきます。

 

実際にこの患者さんには仙骨の動きを良くするような治療とお腹の緊張を取る治療を繰り返したところ朝の腰痛はなくなりました。

 

この患者さんは鍼治療を受ける前は腰痛を良くしたいと考えマッサージに頻繁に通っていたそうです。

 

ですが、受けるマッサージが痛く、マッサージを受けている時間ほとんど身体に力が入っていたようです。

 

筋肉を緩める為にマッサージに行き、逆に筋肉の緊張を強くしていました。

鍼灸治療が出来ること

当院も当初はマッサージに似たように局所にアプローチしていました。

 

腰の筋肉の緊張を見つけそこに鍼をしていく方法です。この方法での改善率は3割~4割ほどでした。

 

 

これはマッサージと同じような事です。

 

原因が腰以外にあった為、その時は良いが時間が経つと元に戻るという事の繰り返しでした。

 

しかし、整動鍼という技術を導入したところ腰痛の改善率が大幅に向上しました。

 

コリや痛みのある腰に直接鍼をするのではなく、コリを生み出している根本的な原因の手や足などに鍼をし、体の動きをダイナミックに調整するのが整動鍼の特徴です。

腰痛に対する鍼灸治療の課題

整動鍼の治療が科学的に証明されている訳ではありません。

 

しかし実際に慢性的な腰痛で悩んでいた方の生活の質が改善しているのも事実です。

 

もちろん全ての方の腰痛を鍼灸だけで良くするのは難しいかもしれません。ですが、整動鍼を習得して同じ技術を提供できる鍼灸師が増えていけば「腰痛には鍼治療」というのが当たり前になる日がくるのではと思います。

 

腰痛で困っている方のお役に立てるようにさらなる技術の向上を追及していきます。

 

カテゴリー: 腰痛とマッサージ.
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り