札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。スポーツ疾患に強い鍼灸院。腰痛・肩コリ・首の痛み・

腰痛

このような症状でお悩みではありませんか?

 

・ 朝、ベッドから起き上がるときに腰が痛む。

 

・ 靴下を履くときに腰が痛む。

 

・ しばらくたっていると腰が痛む。

 

・ ぎっくり腰をした後にスッキリしない。

 

 

実は色々な腰痛の種類があります。痛みの原因も人それぞれあるのです。その腰痛に大きく関わっているのが、まず背骨になります。背骨なんですが、首と腰で前にカーブしております。

 

そして重力から背骨にかかる負担を逃がしている訳なんです。

 

あと背骨には大切な神経を保護しております。首から出た神経は腕に、そして胸椎から出た神経は臓器に行き自律神経としての役割を果たします。腰から出た神経は腰やお尻そして足にまで伝わります。主に脚を動かしたり体を支える大事な筋肉に届きます。

 

そして椎間板は背骨の前にあり、若いときはクッション性に高く水分も豊富なのですが、年齢と共に水分の減少や椎間板も薄くなりクッション性も低下し腰痛の原因になる訳です。

 

そして非常に重要な骨盤です。骨盤にも関節があり以前は動かない関節として考えられていたのですが、実際は2度程動くと言われています。この部分の可動域の減少が背中や腰、脚への症状を引き起こします。

 

ですから、人によって症状のタイプが全然違います。まずは痛みの出る動作や姿勢を詳しく調べていきます。

 自分で出来る腰痛チェック

 

・ 病院で骨や関節には異常なしと言われたが痛みがある


・ ギックリ腰には何度もなった事がある


・ 前屈や後屈で痛みが強くなり、足までしびれが出てくる


・ 慢性的でしつこい腰痛があり、家庭環境や職場環境にも問題がある

 

・ 整体やマッサージを受けても翌日には症状が戻ってしまう


一つでもチェックがあれば、早い治療をおすすめ致します。

 

 

腰痛の種類

 

 椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアとは椎間板の一部が飛び出た状態で、下肢の神経などを圧迫している状態を表します。 

 椎間板症
椎間板症は椎間板ヘルニアと似ていますが、違いとしては下肢にまでは症状が出ていない状態を表します。症状としては下肢の症状はないのですが、腰の痛みやだるさとして自覚されることがあります。
分離症
中学生やまだ体が柔らかい時にジャンプや腰をたくさん捻る事により、腰椎の後方部に亀裂が走る症状です。腹筋や背筋などの筋力のバランスを取ることで症状の悪化を防止できます。 
 筋・筋膜性腰痛
筋・筋膜性腰痛とは腰の筋肉の過緊張や筋繊維の損傷により起こるとされています。椎間板や神経学的検査などで関節部に異常がなく、腰に痛みがある様な状態です。大腰筋というインナーマッスルが関係していることが多いです。

当院の施術は腰痛に効果的な理由

  • 施術メニューも鍼灸と活法のみとなります。鍼灸専門の技術を望む患者様の為に、鍼灸技術を追求するため。また、痛みや症状の改善を第一に考え、患者様に最適な施術を提供したい為。(メニューが多いと、自分はどのメニューが一番、良くなるのだろうと?迷うことに繋がると考えています)
  • 適用症状を絞ることにより、専門分野の技術レベルを徹底的に強化しています。
  • 施術を担当するのは全て、院長ですので施術技術が異なることはありません。
  • 少ない鍼の本数で効果のある施術を研究しています。
  • 刺激をシンプルにする為、鍼通電は行いません。
  • 症例を掲載し、少しでも鍼施術の不安や、自分と似たような症状が、どれぐらいで改善したかをわかりやすく掲載しています。
 
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • 営業日カレンダー
    « 2019年11月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【札幌市】

    手稲区 星置 稲穂 金山 西区 東区 清田区 白石区 豊平区  小樽市 張碓町 銭函

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 整動協会
  • ツボネット
  • Twitter