札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム

膝の痛み

 

朝、起きて階段の下りが辛い。手すりに捕まらないと階段の昇りが辛い。正座ができない、歩いていてると膝の内側がチクチク痛む。など、膝(ひざ)の痛みで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。なぜ、膝が痛むのか、膝痛の原因と対処法、治療法について説明していきます。

ひざ痛の原因とは

 

 

膝には骨と骨が直接当たらないように、クッションのような役割をしている、関節軟骨というものがあります。関節軟骨には神経が通っていないため、直接痛みを感じることはありません。しかし、関節軟骨がすり減るなど関節に異常があるとき、関節を包んでいる関節包が引っ張られる(急に方向転換した時)ときなどに、関節の周囲の神経に刺激が入り痛みを感じます。

 

このような症状の原因には、病気により骨に変形があるもの、スポーツなどにより膝を酷使したもの、加齢により軟骨がへってしまったものなどさまざまな原因によって起こります。

 

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

日本でのレントゲン撮影による変形性膝関節症は、約2400万人いると言われています。中高年になって膝が痛くなる病気の中で一番多いもので、骨と骨の間の軟骨がすり減り、間が狭くなってしまうことによって痛みが出ます。そのため、膝関節に負担が掛かり、膝の変形や痛みを引き起こします。

 

スポーツや趣味の運動によって膝へ負担がかかる

 

若いころにスポーツで無理をした方や、現役で運動をしている方、筋力の防止の為にウォーキングをしている方。下半身の筋肉を強化することは膝痛の予防のために重要です。ですが、筋肉疲労が溜まっている状態で運動したり、過度な運動を続けたりすると、膝に負担がかかります。膝を支える筋肉や靭帯を痛める原因になります。

 

もちろんこれだけではありません。次のようなことも原因のひとつと考えられます。

 

  • O脚、X脚によるもの
  • 体重の増加や肥満
  • 太腿の筋肉の衰え

 

 

 

対処法

原因やこの他にもありますが、おおまかな原因がわかれば、膝に負担をかけないように対策をしていくことが重要になってきます。

 

1・無理に歩かない 2・腫れや熱感がある場合は冷やす 3・筋力強化も有効

 

痛みが強いときは無理な体操や、運動を避けるようにする。膝や筋力UPの為と思っていたことが裏目にでることもあります。適度な休息を取り入れなければ、膝の関節を痛めるだけになってしまいます。また、腫れぼったさや、熱感を感じた場合は氷などで冷やすのもとても有効です。筋力強化ばかりに目がいきがちですが、きちんと筋力強化に耐えれる膝を作っていくのも、膝の痛みの緩和には大切になってきます。

 

以上の事に気をつけた上で、専門の機関に受診することが必要になってきます。「いまは大して痛くないから大丈夫だろう」と思っていると、痛みが段々とひどくなるケースもあります。そのような状況になる前に、なんらかの対策をお勧めします。

 

当院での膝の痛みの治療法

当院では、膝の痛みに対する治療も、身体全体の動きを確認しながら治療していきます。

 

膝周りだけを治療しても、なかなか良くならないケースもあります。それは膝だけに原因がではないからです。

局所治療だけだは、補えない治療ポイントがあります。

 

当院では「整動鍼」という、鍼の治療法で少ない刺激により、より効果的に膝痛を改善していきます。

 

 

  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • 営業日カレンダー
    « 2020年9月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    • 休日
  • 診療案内
    診療案内
  • ご来院地域

    【札幌市】

    手稲区 星置 稲穂 金山 西区 東区 清田区 白石区 豊平区  小樽市 張碓町 銭函

  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • カラーズ colors
    カイロプラクティックcolors