札幌市・手稲区の鍼灸院【アネストsin灸院】鍼灸未経験者に多く選ばれています。顎関節症・頭痛・肩こりのお悩みに。
アネストsin灸院 ホーム
オフィシャルブログ

「痛いところ=鍼をするところじゃない理由」

" 鍼のメカニズム "

2017年3月31日

当院では痛いところに鍼をすることは、ほとんどありません。今、痛みが出ているところと関連があるツボに鍼をしています。

 

なぜ、痛いところに鍼をしないのか?

 

「ここが痛いんだからここに鍼をしてくれよ!」

 

 

その気持ちもすごくわかります。ですが、その痛みが出ているところが痛みの原因でなければそこに鍼をする必要はありません。

 

その説明の前に、鍼をした場所でなにが起きているのかという説明をしていきます。

 

鍼治療は、簡単に言えば身体に微細な「キズ」を付ける治療法です。治療には0.16ミリほどの鍼を使いますのでほとんど確認できないほどの「キズ」です。

 

その「キズ」が筋肉や、皮膚、組織につけられると、それを修復させるための反応を活発にしてキズの付いた部分が元の状態に戻るような働きをします。その際、一連の修復反応に関連して、周辺の血流が促進されるなど、キズの付いた組織が、修復されやすい環境が整えられます。

 

聞いたことはあると思いますが、これが「自然治癒力」です。

 

また、神経を興奮させたり、抑制させたりする働きもあります。イメージとしては痛くした所は神経が興奮してるので鍼をして興奮を抑えましょう。神経が鈍っているところは鍼をして神経の働きを良くしましょう。こんな感じです。

「あれ?やっぱり痛いところに鍼刺した方がいいんじゃね?」

 

ですがここで問題となるのが「炎症」です。

 

痛みを抱えている所は少なからず筋肉の炎症が起きています。炎症が起きている部位では痛み物質を放出し痛み感覚を刺激します。これにより運動制限が生じます。

 

五十肩や四十肩などで夜間の痛みや入浴の後に痛くなるケースも炎症が起きている状態です。朝起きて首が痛いなどの症状も炎症が起きている可能性が高いです。

 

炎症は身体が治そうとする反応です。血液の流れを多くして治癒力を高めようとしています。

 

 

「やっぱり局所の治療が必要じゃん。」

 

じゃ、血流をあげるために五十肩で痛いけどたくさん動かして血流量をあげて早く治そう!寝違えた首に鍼をしておまけにストレッチもして早く治そう!

 

これでは、おそらく痛みはひどくなります。

 

身体の痛み全般にいえるのですが、

 

「痛いから動けない」→痛みを取って、動けるようにする。

 

「動けないから痛い」→動けるから、痛みが消えてくる。

 

局所の痛みが取れたからといって、動きが良くなるとは限りません。身体全体を診て、全体の動きを指標としてその動きに関連のあるツボを使っていきます。

 

当院が痛いところと関係の無いところに鍼をする理由はここにあります。

 

全体の動きを確認しながら治療しますので、動作が回復し、痛みがないという結果につながります。

 

 

原因となっているツボは意外なところにあるかもしれません!!

 

 

 

カテゴリー: 鍼のメカニズム. タグ: , , , , .
  • 011-688-7563
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2020年5月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り